JOURNAL

納得できる拡張されたサーキュラリティを実現するアイテム開発を目指します

納得できる拡張されたサーキュラリティを実現するアイテム開発を目指します

日本国内でサステナブルファッションに携わる、わたしたち「SOLIT!」と岡山県倉敷市を拠点にサーキュラーデニムを販売する「land down under」。 今回、わたしたち2社を発起人とし、近年のどこか表層的かつ一部分のみを変えて止まってしまうような「サステナビリティ」に対して問題提起をし、わたしたち自身が真に納得できる「サステナブルファッション」の理想系を実現するため、タッグを組みました。   わたしたちが感じる、今までの課題 現在ファッション産業で謳われている「サステナブル」は、素材や回収システムといった長く複雑に絡み合うファッションのサプライチェーンの一部分の改善に止まるものが多くみられます。 もちろん、改善されていないよりは「Better」なのかもしれません。ただそこで思考停止してしまっていいのでしょうか。 私たちはそれぞれのブランドとして個々に「サステナブルファッション」について日々試行錯誤しながら挑戦していますが、その循環の中に参画できない人が存在することや、より多くの人が参加できるようにするとどうしても環境に負荷がかかってしまう選択肢をとるしかない...など、そのバランスや実現に頭を抱えていました。 私たちがタッグを組む理由 そこで、多様な人も、地球環境もともに考慮されたオールインクルーシブな社会を実現するために、企画段階からこれまで循環の中に参加できていなかった方を巻き込むSOLIT!のインクルーシブデザインの手法と、 より生産背景を透明かつ同一地域内で完結させ、環境負荷を極力軽減させた循環する服づくりを実践するland down underの生産背景に対するこだわりを組み合わせることで、私たち自身が納得できる拡張されたサーキュラリティを実現するアイテム開発をはじめました。 それは、衣服以上に永く人の手の近くに存在し、長く使い続けることができる「All-inclusive bag(オールインクルーシブバック)」。多様な人も、地球環境も共に考慮されたオールインクルーシブな社会を実現するために必要なものです。 バッグを通して目指す社会は 私たちは、サプライチェーン全体で人権や環境負荷を配慮したものづくり、そして人の想いや素材が循環することが重要であると考えています。 その循環により広く多くの人の参加を可能にするために、意識の高い一部の人のものになるのではなく、多様な人が関われるものづくりにこだわりました。 多様な人々が関われるようなものづくりにこだわることで、この「バッグ」を通して「生み出すほど社会・地球がよりよくなる」ことを目指します。   私たち2社だからこそできること land down underの(コラボに対する)想い land down underのアイテムは、いわゆる健常者が性別や世代を問わず穿けるものです。しかしながら、SOLIT!と出会い、私たちが大切にしているサーキュラーエコノミーを軸としたものづくりの先に実現される「循環」は、まだ小さい範囲だったかもしれない、と感じました。 より拡張されたサーキュラーエコノミー/循環のあり方を求めて、SOLIT!とインクルーシブデザインを実現した服づくりを経験したいという想いが芽生えました。 SOLITの(コラボに対する)想い...

納得できる拡張されたサーキュラリティを実現するアイテム開発を目指します

日本国内でサステナブルファッションに携わる、わたしたち「SOLIT!」と岡山県倉敷市を拠点にサーキュラーデニムを販売する「land down under」。 今回、わたしたち2社を発起人とし、近年のどこか表層的かつ一部分のみを変えて止まってしまうような「サステナビリティ」に対して問題提起をし、わたしたち自身が真に納得できる「サステナブルファッション」の理想系を実現するため、タッグを組みました。   わたしたちが感じる、今までの課題 現在ファッション産業で謳われている「サステナブル」は、素材や回収システムといった長く複雑に絡み合うファッションのサプライチェーンの一部分の改善に止まるものが多くみられます。 もちろん、改善されていないよりは「Better」なのかもしれません。ただそこで思考停止してしまっていいのでしょうか。 私たちはそれぞれのブランドとして個々に「サステナブルファッション」について日々試行錯誤しながら挑戦していますが、その循環の中に参画できない人が存在することや、より多くの人が参加できるようにするとどうしても環境に負荷がかかってしまう選択肢をとるしかない...など、そのバランスや実現に頭を抱えていました。 私たちがタッグを組む理由 そこで、多様な人も、地球環境もともに考慮されたオールインクルーシブな社会を実現するために、企画段階からこれまで循環の中に参加できていなかった方を巻き込むSOLIT!のインクルーシブデザインの手法と、 より生産背景を透明かつ同一地域内で完結させ、環境負荷を極力軽減させた循環する服づくりを実践するland down underの生産背景に対するこだわりを組み合わせることで、私たち自身が納得できる拡張されたサーキュラリティを実現するアイテム開発をはじめました。 それは、衣服以上に永く人の手の近くに存在し、長く使い続けることができる「All-inclusive bag(オールインクルーシブバック)」。多様な人も、地球環境も共に考慮されたオールインクルーシブな社会を実現するために必要なものです。 バッグを通して目指す社会は 私たちは、サプライチェーン全体で人権や環境負荷を配慮したものづくり、そして人の想いや素材が循環することが重要であると考えています。 その循環により広く多くの人の参加を可能にするために、意識の高い一部の人のものになるのではなく、多様な人が関われるものづくりにこだわりました。 多様な人々が関われるようなものづくりにこだわることで、この「バッグ」を通して「生み出すほど社会・地球がよりよくなる」ことを目指します。   私たち2社だからこそできること land down underの(コラボに対する)想い land down underのアイテムは、いわゆる健常者が性別や世代を問わず穿けるものです。しかしながら、SOLIT!と出会い、私たちが大切にしているサーキュラーエコノミーを軸としたものづくりの先に実現される「循環」は、まだ小さい範囲だったかもしれない、と感じました。 より拡張されたサーキュラーエコノミー/循環のあり方を求めて、SOLIT!とインクルーシブデザインを実現した服づくりを経験したいという想いが芽生えました。 SOLITの(コラボに対する)想い...

ひとりひとり、異なる輝きを秘める「Aurora Tee」

ひとりひとり、異なる輝きを秘める「Aurora Tee」

こんにちは!SOLIT代表の田中美咲です。 2022年4月25日に、1年ぶりの新作「Thought Shirt」を生み出し、約半年。私たちSOLITの目指すオールインクルーシブな世界や、そこで起きる人々のあり方にあった開発を行う方との出会いがあり、急遽ご一緒することになりました。その背景をお伝えします! 「SOLIT、この言葉はあなたのために」 これまで、SOLITでは、障害やセクシュアリティ、体型や肌の色などのそれぞれ違いを超えて、それら分類によって勝手にカテゴライズされてアイデンティティを決めつけられるような画一的なプロダクトではなく、「一人一人がありのまま自分らしくあれる」ことを大切にしてきました。 「幕開け」を意味するDawn(読み方:どーん)シリーズは、自分の好みにあわせてパーツを自分で選択できるようにすることで、ファッションが人を選ぶのではなく、人がファッションを選ぶといった主導権を民主化していく。 パンデミックや戦争を背景に、自分たちが自由と平和を取り戻すため「開放と願い」を意味するThought(読み方:そーと)シリーズは、多くの方の手に届き、着用時の開放感から解き放たれるような感覚だと評価いただいています。 とてもすてき、めちゃくちゃいい、やばい...といったスラングの「SOLIT」。この言葉は、何かのカテゴリーや属性を評価するものではなく、あなたそのもの、その存在に対して伝えたい。SOLIT, IT’S FOR YOU. とても素敵、この言葉をあなたのために伝えたい、それをさらに思い、次のシリーズ「Aurora」が生まれました。 ひとりひとりの異なる輝きを秘める、SOLIT第三のシリーズ「Aurora」 次の商品は、ざっくりいうと「Tシャツ」です。 これまでのジャケットやパンツ、シャツよりも、もっともっと気軽に着ることができるものにしました。 私たちはひとりひとりが全く異なる存在であり、比べることなどできないのだとおもいます。それでもどこか、他人と比べたり、以前の自分と比べてしまったり。それによって苦しくなったり、自分を否定してしまう人も多くいることを知っています。 それでも、私たちは言い続けたい、ひとりひとりが同じ存在などなく、そしてひとりひとりが全く異なる輝きを秘めているのだと。その「違い」や「輝き」から、「Aurora(読み方:おーろら)」と名付けました。 そしてその「Aurora」を表現するのは、シンプルなデザインで昼間はあまり目立たないけれど、光が当たったり、夜の車のライトを浴びるとオーロラに反射する「リフレクター」。胸元と背中の上部に添えています。その輝きの美しさもさることながら、夜の外出やウォーキング・ランニング時にその存在がわかることによって、今より少しでも安心して外に出られるようになったら嬉しいです。 Made in Bangladesh, Made by Fukui Tシャツはバングラディシュからのオーガニックコットン100%のもの。そしてリフレクター部分は福井県でつくられています。 福井は、絹織物の歴史を背景に、現在では合成繊維の生産で国内トップレベルのシェアを誇ります。私たちSOLITは、この度ご縁があり、福井県福井市を拠点とされている反射材メーカーの株式会社丸仁のみなさまにお力添えいただき、オーロラに艶めくリフレクターを添えました。 やわらかく、着心地もいいので是非試してみてください!      ...

ひとりひとり、異なる輝きを秘める「Aurora Tee」

こんにちは!SOLIT代表の田中美咲です。 2022年4月25日に、1年ぶりの新作「Thought Shirt」を生み出し、約半年。私たちSOLITの目指すオールインクルーシブな世界や、そこで起きる人々のあり方にあった開発を行う方との出会いがあり、急遽ご一緒することになりました。その背景をお伝えします! 「SOLIT、この言葉はあなたのために」 これまで、SOLITでは、障害やセクシュアリティ、体型や肌の色などのそれぞれ違いを超えて、それら分類によって勝手にカテゴライズされてアイデンティティを決めつけられるような画一的なプロダクトではなく、「一人一人がありのまま自分らしくあれる」ことを大切にしてきました。 「幕開け」を意味するDawn(読み方:どーん)シリーズは、自分の好みにあわせてパーツを自分で選択できるようにすることで、ファッションが人を選ぶのではなく、人がファッションを選ぶといった主導権を民主化していく。 パンデミックや戦争を背景に、自分たちが自由と平和を取り戻すため「開放と願い」を意味するThought(読み方:そーと)シリーズは、多くの方の手に届き、着用時の開放感から解き放たれるような感覚だと評価いただいています。 とてもすてき、めちゃくちゃいい、やばい...といったスラングの「SOLIT」。この言葉は、何かのカテゴリーや属性を評価するものではなく、あなたそのもの、その存在に対して伝えたい。SOLIT, IT’S FOR YOU. とても素敵、この言葉をあなたのために伝えたい、それをさらに思い、次のシリーズ「Aurora」が生まれました。 ひとりひとりの異なる輝きを秘める、SOLIT第三のシリーズ「Aurora」 次の商品は、ざっくりいうと「Tシャツ」です。 これまでのジャケットやパンツ、シャツよりも、もっともっと気軽に着ることができるものにしました。 私たちはひとりひとりが全く異なる存在であり、比べることなどできないのだとおもいます。それでもどこか、他人と比べたり、以前の自分と比べてしまったり。それによって苦しくなったり、自分を否定してしまう人も多くいることを知っています。 それでも、私たちは言い続けたい、ひとりひとりが同じ存在などなく、そしてひとりひとりが全く異なる輝きを秘めているのだと。その「違い」や「輝き」から、「Aurora(読み方:おーろら)」と名付けました。 そしてその「Aurora」を表現するのは、シンプルなデザインで昼間はあまり目立たないけれど、光が当たったり、夜の車のライトを浴びるとオーロラに反射する「リフレクター」。胸元と背中の上部に添えています。その輝きの美しさもさることながら、夜の外出やウォーキング・ランニング時にその存在がわかることによって、今より少しでも安心して外に出られるようになったら嬉しいです。 Made in Bangladesh, Made by Fukui Tシャツはバングラディシュからのオーガニックコットン100%のもの。そしてリフレクター部分は福井県でつくられています。 福井は、絹織物の歴史を背景に、現在では合成繊維の生産で国内トップレベルのシェアを誇ります。私たちSOLITは、この度ご縁があり、福井県福井市を拠点とされている反射材メーカーの株式会社丸仁のみなさまにお力添えいただき、オーロラに艶めくリフレクターを添えました。 やわらかく、着心地もいいので是非試してみてください!      ...

おうちでSOLIT、3000円の理由

おうちでSOLIT、3000円の理由

多様な人も、動植物も、地球環境も。誰も、どれも取り残さないのがSOLITの目指す社会。その実現のため、はじめから廃棄される予定の服を生産することなく、注文を受けてからようやく生み出す「受注生産」という作り方をしています。 でもやっぱり、せっかく買うなら着てみたい... おうちで他人の目や時間を気にせず試着できる「おうちでSOLIT」をはじめました!ご自宅や、友達と一緒に、ご家族と、または通院されているリハビリ施設などでもご試着いただけます!

おうちでSOLIT、3000円の理由

多様な人も、動植物も、地球環境も。誰も、どれも取り残さないのがSOLITの目指す社会。その実現のため、はじめから廃棄される予定の服を生産することなく、注文を受けてからようやく生み出す「受注生産」という作り方をしています。 でもやっぱり、せっかく買うなら着てみたい... おうちで他人の目や時間を気にせず試着できる「おうちでSOLIT」をはじめました!ご自宅や、友達と一緒に、ご家族と、または通院されているリハビリ施設などでもご試着いただけます!

開放と願い、わたしたちのカジュアルシャツ「Thought」

開放と願い、わたしたちのカジュアルシャツ「Thought」

こんにちは!SOLIT代表の田中美咲です。 ようやく、1年ぶりに新しいデザインのプロダクトを出すことにしました。その背景を書きたいと思います。 これまで、SOLIT Broad/Jersey Shirtsという定番のシャツがあり、そして私たちにとって最初の商品であり、これからみんなが一歩未来に踏み出すことにつながる"幕開け"を意味する「Dawn(読み方:どーん)」シリーズが生まれました。

開放と願い、わたしたちのカジュアルシャツ「Thought」

こんにちは!SOLIT代表の田中美咲です。 ようやく、1年ぶりに新しいデザインのプロダクトを出すことにしました。その背景を書きたいと思います。 これまで、SOLIT Broad/Jersey Shirtsという定番のシャツがあり、そして私たちにとって最初の商品であり、これからみんなが一歩未来に踏み出すことにつながる"幕開け"を意味する「Dawn(読み方:どーん)」シリーズが生まれました。

SOLITの商品ができるまで

SOLITの商品ができるまで

SOLITの商品は1つ1つゆっくりとつくります。着たいも着れるも実現したい、そんな願いを込めた商品ができるまでをご紹介します。

SOLITの商品ができるまで

SOLITの商品は1つ1つゆっくりとつくります。着たいも着れるも実現したい、そんな願いを込めた商品ができるまでをご紹介します。

SOLITの3つの服の選び方

SOLITの3つの服の選び方

この記事では、SOLITに興味をもってくれたあなたに、「自分にあったのSOLITの探し方」を3つの方法でご案内いたします!ECサイト上でお買い物をするときに、「試着をせずにサイズや形を選ぶ」のは少し不安になりますよね。そんな気持ちを少しでも解消していただき、安心して選んでいただくための3つの方法をご紹介いたします!

SOLITの3つの服の選び方

この記事では、SOLITに興味をもってくれたあなたに、「自分にあったのSOLITの探し方」を3つの方法でご案内いたします!ECサイト上でお買い物をするときに、「試着をせずにサイズや形を選ぶ」のは少し不安になりますよね。そんな気持ちを少しでも解消していただき、安心して選んでいただくための3つの方法をご紹介いたします!