高橋 鴻介 - Kosuke TAKAHASHI

1993年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、広告代理店に勤務。インタラクティブコンテンツの制作や公共施設のサイン計画などを手掛けた後、2022年に独立。「接点の発明」をテーマに、異なる人と人をつなぐ発明家として活動中。主な発明品に、墨字と点字を重ね合わせた書体『Braille Neue』、触覚コミュニケーションゲーム『LINKAGE』などがある。wired AUDI INNOVATION AWARDにて日本のイノベーター20人に選出。受賞歴にグッドデザイン賞、DIA Award、Sign Design Awardなど。

Collapsible content

活動の基軸・哲学

「接点の発明」

自分と他者は異なる存在であるという関係の中で、今まで接点がなかったところに、共有できる接点をみつけて、扉を広げる。そうすると、お互いのことをより深く知ることができる状態になれる。

自分にとって知らなかった世界、相手にとっても知らなかった世界がつながり、いつのまにか壁だと思っていたり、違う世界だと思っていたことが、だんだんと世界が一つになっていくのではないかと考えています。

そうして、みんなの価値観がアップデートされていって、世界が広がる。それが楽しいと思うんです。

大切にしていること

「あんまりかえない」を大切にしています。

心のハードルをいかに減らせるか。これまで知らなかった、他の考え方に触れる時って特にそう。

全く知らないものをいきなり使うのではなく、すでに共通言語になっているものや価値観をもとに、いまあるもの/文脈を活用するようにしています。

SOLITと行う取り組み

オールインクルーシブが体現された遊び、公園をつくりたい。

「遊び」は、特に理由もなく人を誘っていい行為だとおもうんです。コーヒー飲もうよ!とかもそう。発明する時によく「ゲーム」を作っているのはそういう理由もある。

今まで一緒に遊べなかった子たちが一緒に遊べる状態を実現したい。なにもない砂場だと遊びにくいから、なんらかの補助線をつくるなど、オールインクルーシブが体現された遊び、公園をつくりたい。