SOLITの商品ができるまで

SOLITの商品は1つ1つゆっくりとつくります。
着たいも着れるも実現したい、
そんな願いを込めた商品ができるまでをご紹介します。

商品企画・開発

SOLITの商品企画・開発は、これまで「服に関して課題を感じてきた人」とともに開発をしています。また、心や身体の専門家であるリハビリテーション医・理学療法士・作業療法士をはじめ、ファッションデザイナーや環境や社会課題に関するアクティビストも交えて話し合い、何度も試作を重ねて生み出します。
今まで見たこともないアイデアが生まれたり、いろんな意見が飛び交うので驚きの連続です。

生地の仕入れ

SOLITの商品に使用する生地は、工場の担当者と一緒に、必要な機能性をクリアしつつも、「できる限り環境に配慮され、そして生産に関わる人の人権が守られている」ことを念頭におきながら、確認し、選定しています。
機能性と環境や人権の保護を同時に実現し、さらには手に取られるみんなにとって負担のない価格帯であるかなどバランスをみて、その時にできる最善の選択を考えて選択をしています。

スタッフミーティングの様子

制作開始

商品は最小限の在庫となるように、依頼を受けてから必要な分だけ制作します。
1つずつ、工場で依頼内容を確認しながら制作し、どんな風に着てもらえるのか想像しながらつくります。まるで、クリスマスにプレゼントを準備するサンタクロースのようです。

縫製の様子

検品

SOLITの服はセミオーダーなので、同じものはほとんどありません。
工場から届いたものを1つ1つチェックし、カスタマイズの依頼の通りになっているか確認しています。 依頼をうけた情報がこうして形になり、あと少しで着てもらえるなんて... とても嬉しくて、幸せな気分になります。

シャツの上にメジャーが置いてある写真

梱包

容器に商品を詰めるのも、もちろんスタッフによる手作業です。
SOLITでは、配送における環境負荷や輸送していただく方の負担をできる限り減らすため、「ピッタリサイズ」の段ボールと紙袋で梱包しています。

一着のみのご注文時には「白い紙袋」で、二着以上のご注文時には枚数に合わせた「2つのサイズの段ボール」にお入れしてお届けします。ぴったりサイズの梱包にすることで、輸送時に必要以上のエネルギーを使わないことに寄与し、CO2の排出や、輸送していただく方の負担をできるだけ減らすことを目指しています。

そして、段ボールや紙袋だけだと雨風で大事な商品が汚れてしまわぬよう、工場で余ってしまった新品の生地で包み、大切にお送りしています!

発送前の様子

メッセージラベル

段ボールの口をとめるのにも、テープは使わずメッセージを添えたシールを1つだけつけさせていただきました。気づきましたか?
このメッセージラベルは、簡易包装にしていることもあって、驚かれてしまう方もいらっしゃるかな?とおもい、その理由や背景をお伝えするためにつけています。ぜひ開ける前に読んでみてくださいね!

段ボールの口にシールを貼っている写真

出荷

必要としてくださる方に、こうしてSOLITのメンバー総動員で製造した商品を、お届けできるなんて夢のようです。無事届きますように。

お客様の元へ

私たちはたくさん在庫を持ち、すぐお送りすることはできないのですが、1つずつ丁寧にお送りすることで45日程度お時間を頂戴しています。商品も早く着てもらいたくてうずうずしているとおもいますので、早めに箱をあけて、着てみてくださいね!
もし気になることがあれば、ぜひお問い合わせからご連絡いただければ嬉しいです!

商品の入った段ボールを膝の上に乗せている写真

こちらの記事もぜひご覧ください!