友達や家族にぴったりサイズを採寸してもらう方法

目次

  1. みんな身体の形がちがうのはあたりまえ
  2. 自分の身体を採寸したことがない方へ
  3. 「採寸ガイド」で自分のサイズを選びましょう(採寸方法はこちら)
  4. 好みに合わせて微調整
  5. さいごに

はじめまして、SOLITスタッフのYUKIKOです。
この記事では、自分の身体の採寸をしたことがない方に、友達や家族や近くにいる人に採寸してもらう方法をお伝えします!

みんな身体の形がちがうのはあたりまえ

きっと多くの方が、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

とても素敵だと思った服の袖が長かったり、肩幅が少し大きかったり、太もも周りがきつかったり・・・。そうして購入を諦める瞬間の、ちょっとさみしい気持ち。

お店で既に完成されている服を買うことがあたりまえになった私たちの生活の中で、自分の身体や好み・生活スタイルにピッタリな服と出会うというのは、実はなかなか難しいことなのではないかと感じています。

私たちはひとりひとり、腕の長さも肩の広さも、お腹周りの大きさも、ももの太さも、みんな違う。みんな違うのが、あたりまえなはず。そんなあたりまえのことを、私たちSOLITでは、あたりまえのように「みんなそれぞれに合った服を選ぶ」をできるようにしました。

SOLITの服は、部位ごとにサイズ・仕様・長さを選べるようにしました。サイズはSOLIT0からSOLIT11の12サイズ展開。カスタマイズの仕方によって1,600通り以上の形ができます。

きっと、あなたにピッタリの服が出来上がるはず。

自分の身体を採寸したことがない方へ

YUKIKOがメジャーを持って肩幅を測っている写真

私自身、自分の身体の採寸はしたことがありませんでした。服はお店で試着して購入するのが確実。通販での購入は、ピッタリじゃなくても楽しめるデザインのものに限って購入していました。でも、SOLITの服を作る中で自分の身体のサイズを一度知った後、その後の買い物がとっても楽になりました。

身体のサイズはそうそう毎日変わるものではないとおもいます。今まではちょっと手が出しづらかった通販サイトの服も、「私が着たらこれくらいかな?」と具体的にイメージできるようになりました。この機会に一度是非、ご自分の身体のサイズを測ってみることをおすすめします!

SOLITでは「採寸ガイド」をご用意しています。この採寸ガイドを見ながら、身体の採寸をしてみましょう。自分でも採寸ができる方も、ご家族やお友達、普段近くにいる方に測ってもらえるとより正確な数値を出すことができるのでおすすめです!

「採寸ガイド」で自分のサイズを選びましょう

それでは、採寸ガイドの使い方を説明します。ゆっくり一緒に測っていきましょう!

動画で見たい方はこちら

1. 事前の準備

まずは、以下3つを事前に準備しましょう!

  • 下着やシャツなど薄着になっておく
  • メジャー(柔らかいもの)
  • スマホやメモ帳など記録できるもの

MISAKIとYUKIKO。YUKIKOが手にメモ用のノートとペン、メジャーを持っている写真

2. 部位ごとにサイズを測る

YUKIKOが実際にMISAKIのサイズを測っているところ。左側に立ち姿勢の場合、右側に座り姿勢の場合の測り方を並べた写真

準備ができたら、身体を測ってみましょう。採寸の部位や測り方は「採寸ガイド」でイラストを使ってご紹介しています。ひとつずつ、採寸する身体の部位を確認しながら、それぞれの部位を記録しておくと、サイズとの照らし合わせがしやすくなります。

3. 自分のサイズにあわせてアイテムを選びましょう

身体の採寸ができたら、「基本的なSOLITサイズの選び方」から各アイテムの対応サイズを確認していきましょう。

⚫️シャツ/ジャケットは2つの方法でベースサイズを選ぶ

肩幅を基準に選ぶ方法と、バストを基準に選ぶ方法の2つがあります。
普段お洋服を選ぶ際にバストが気になることがあるという方は、バストを基準に選んで頂くと安心です。

⚫️ベースサイズにあわせて部位ごとに選択

ベースサイズが決まったら、基準にした肩幅・バスト以外の部位ごとのサイズを確認しましょう! 「バストを基準に選ぶ方法」を基準にした場合は、肩幅や着丈が少し大きくなっている可能性があります。「バストを基準に選ぶ方法」を参考にしながら、袖の長さや着丈を自分の身体のサイズにあわせて、サイズ・丈の長さをカスタマイズします。

もちろん、お好みで長め・短めに着たい場合は、採寸の数値を参考にしながら袖丈や着丈を調整してみてくださいね。

⚫️パンツは2つの方法でベースサイズを選ぶ

下半身はウエストや着丈を基準にするか、もも周りが気になる方はもも周りを基準にする方法があります。

パンツの着丈は、自分のウエスト(パンツの一番上が当たる場所)から、スボンの裾が来てほしい位置(足首や足の甲など、お好みで)を測っていただいた数値と照らし合わせると、お好みの長さのものを選択できます!

立って測れば立って履いたときの長さ、座って測れば座って履いたときの長さになります。座って測る際は、ウエストから足の前側を測るのではなく、外側を測るように気をつけてください。横から見たときに真ん中に来るラインを意識して測ると、きれいに測ることができます。

好みに合わせて微調整

YUKIKOが左からSOLIT 0、SOLIT 3、SOLIT 9のシャツとパンツを着た時の写真

自分の身体のサイズ、そして自分に合った服のサイズやカスタマイズが決まったら、好みに合わせて微調整しましょう!ジャケットの袖を少し短めにスタイリッシュにしたり、着丈を短めにして座ってもお尻に挟まらない長さにしたり。

お好みや生活スタイルに合わせて、お好きなようにいくらでも調整してくださいね!

さいごに

私は、いつも服を買う時は、わざわざ自分のサイズを測ってカスタマイズをすることはほとんどなく、お店に並んでいる服の中から自分の体型や好みに合ったものを選んだり、ネットでは細かなサイズ確認が必要ないようなゆったりしたデザインのものを選んだりしていました。

でも、あらためてSOLITで日々服を見つめ直す中で、「服を選ぶこと」は、毎日の自分を表現するものを手に入れることなんじゃないか、そう感じました。日々身にまとう服は、「わたしの一部」である、と思っています。

服を買うために、自分を知る。
そして自分の体型や好み・ライフスタイルにあった服を選ぶことは、自分らしくあれる時間であり、きっかけだと思います。
これって、とても味わい深い時間だと思うんです。

是非、採寸を楽しんでいただき、「わたしの一部」となる服との出会いを体験してください!