健全な活動のための半年ごとの商品価格の見直しをします

半年ごとに価格の見直しをするという文字と地球のイラスト

私たちSOLIT!は、2020年に創業し、2021年に初めてのプロダクトを発売して以来、多くの方にお力添えをいただいてきました。そんな私たちSOLITは、2022年7月1日から「商品の価格」を私たちらしい形で見直し続けることを決めました。

 

健全で持続可能な営みであるために

私たちは多様な人や地球環境を共に配慮する「オール・インクルーシブ」な社会の実現に向けて、立ち上がった会社です。企画から生産・管理・販売に至るあらゆる面で「できる限り誰でも使いやすくする」「環境負荷をできる限り下げる」ことに注力し、日々改善を続けております。

いわば、持続可能性と多様性、SustainabilityとDiversity&Inclusionを同時に実現したいと考えています。

従来の、たくさん作って安くするかわりにたくさん捨ててしまう...という、人にも環境にもやさしくない構造ではなく、「必要な人に・必要なものを・必要な分だけ」つくることが私たちの意思でありポリシーです。

本当に考え抜いた良いものを、変わらず作り続けるということが、製造や流通、販売などプロダクトにかかわる全ての人にとって、健全で持続可能な営みであることを信じています。

 

私たちの目指す社会での「価格」とは

同時に、私たちは、SOLITを選んでくださる方にとって必要なものにもかかわらず「価格」が理由で手が届かない、という状況は望んでいません。

できる限り多くの方の手に届くよう、店舗を持たない販売方法と、廃棄を前提としない受注生産体制の構築、それによる廃棄・ロス費を削減し、かつ生産に45日程度を頂戴することで、少しずつみんなで許容しあうことによって、原材料や縫製、品質管理の質を下げずにコストダウンを図ってきました。

服作りに携わられている方や、ビジネスの経験のある方が見ると、このプロダクトがこの価格で販売できていることに驚く方も多くいらっしゃいます。

しかし、昨今の世界情勢や為替変動を背景に、原材料全般が高騰しているだけでなく、包装資材・物流費・人件費等も上昇している状況があります。従来はこのような状況を作り手や売り手が吸収してきた面がありますが、SOLIT!はプロダクトにかかわるすべての人たちが健全であるために、サステナブルな仕組みを考えました。

 徳島県上勝町で開催した試着会の写真、光が差し込む部屋で開催

価格は半年ごとに世界の状況にあわせて変えていく

私たちが手に取る1つ1つのプロダクトが世界と繋がり、それゆえに世界の動きの影響を受けるという、本来であれば当たり前のことに改めて向き合い、2022年7月1日受注分より、商品の価格改定を実施させていただきます。

 

価格改定の考え方

    1. 物価(為替含む)や人件費等のコストの変動を反映し、半期に一度、7月(①)と1月(②)に価格の見直しを行います
    2. ①12-5月の期間の変動を見て価格検討、6月告知、7月1日に変更
    3. ②6-11月の期間の影響を見て価格検討、12月告知、1月1日に変更

      コストの上昇/下落ともにフェアに反映してまいります。
      上昇/下落ともにコスト変動が僅かであれば改訂しない商品もございます。 

 

これからも、1人1人が自分らしくあれる未来のために、日々邁進してまいりますので、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。